へそ ピアス 開け方

へそピアスの開け方と使用する器具の違い

スポンサーリンク

へそピアスの開け方は大きく2つに分けることが出来ます。
まず、一般的に市販されているピアッサーと呼ばれる器具を使用するという方法です。
これは、開けたい部分の皮膚を挟み込み、穴を開けるという方法です。
ピアッサーを使用してへそピアスを開けようとした場合には、細やかな調整を行うことが出来ず、ホールが浅すぎるもしくは深すぎるなどのトラブルが生じることがあります。
そのため、へそピアスを開けるのには適さない方法であると言えます。
もう1つの方法がニードルと呼ばれる器具を使用する方法です。
これは、先端が鋭利になっている注射針を大きくしたようなもので、穴を開けるという方法です。
細かな調整をすることが出来るとともに皮膚への負担も少ないと言われています。

スポンサーリンク

へそピアスの開け方は、穴を開けたい部分に印をつけ、器具で皮膚を挟みこむようにしてニードルで開けていきます。
この時、穴と穴との感覚が狭いもしくは広すぎる場合には、皮膚に負担が掛かってしまい、見た目が美しくないばかりではなく、ピアスが排除される確率も高くなってしまいます。
へそは普段あまり意識することはありませんが、衣類などで締め付けられたり、うつ伏せの姿勢で圧迫されるなど負担の掛かる場所でもありますので、トラブルが生じやすい場所でもあります。
そのため、穴を開けた後、安定するまでの期間は適切なアフターケアを行い、圧迫しないようにするということが大切になります。
適切な方法・適切な場所で開けるようにしましょう。

スポンサーリンク