へそ 下 押すと痛い

へその下を押すと痛い

スポンサーリンク

ふとしたときに、へその下を押すと痛いと感じることがあります。
押していないときにも痛みがあるようであれば、病気ということも考えられますが、押すと痛い場合には、「便秘」や「冷え」が原因であることが考えられます。
へその下には、腸があります。
ですから、そこが詰まっていて、便秘の状態になっていると、腸をお腹の上から押して圧迫したときに、痛みがでてくるのです。
ですから、まずは便秘を解消して、様子をみてみましょう。
また、「冷え」を感じているという人は、おなかまわりの筋肉が凝り固まっている可能性があります。
自覚がある場合には、日常的に、腸を揉んだり、おなかの筋肉をほぐすなどのマッサージをしてみると効果的です。

スポンサーリンク

それでも治らない場合には、いくつかの病気が潜んでいることが考えられます。
まずは、「腸閉鎖」です。
文字通り、腸が突然詰まってしまう病気のことです。
お腹の痛みを繰り返したり、吐き気の症状が出ることも多いです。
ほかに、「盲腸」が原因でも、へその下が痛くなることがあります。
盲腸は痛みのほかに、発熱することが多く、症状が悪化すると、耐えられないほどに腹部が痛みます。
このように、病気の場合には、へその下を押すと痛いだけでなく、他にも症状がでることが多いです。
しかし、自己判断は大変危険です。
万が一ということも考えられますので、数日経っても治らない場合や、気になる場合には、すぐに病院に行くようにしてください。

スポンサーリンク