妊娠初期 へそ痛い

妊娠初期に感じるへそ痛い症状

スポンサーリンク

妊娠すると体に様々な変化が起こってきて、妊娠初期には体のあちこちに様々な痛みを感じるようになります。
へそ痛いと感じる方も多く、これは胎児の成長につれて子宮が大きくなっているための症状です。
人によって感じる痛みには差があり、生理痛のような鈍い痛みだという方もいれば、キリキリと刺すような痛みだという方もいます。
また、へそ痛いとお腹の真ん中辺りが痛い方もいれば、下腹部の腰に近い部分の痛みが強い方もいらっしゃいます。
また、子宮が大きくなるに連れて、お腹周辺の靭帯が引っ張られますから、それによっても腹痛を感じることがあります。
出血などの特別な症状がない場合にはそれほど心配する必要はありませんから、安静にして休むようにしましょう。

スポンサーリンク

妊娠初期のお腹の張りや痛みの原因として多いのが便秘です。
今まで便秘でなかった方でも、ホルモンバランスが大きく崩れることで便秘になり、へそ付近に痛みを感じることがあります。
プロゲステロンという女性ホルモンがたくさん分泌されるようになり、胃腸の働きが低下してしまって、便秘を起こしやすくなります。
また、水分を体に蓄えようとする働きが高くなりますから、固い便になってしまって、排便しづらくなり腹痛などを感じやすくなります。
産婦人科で便秘だと言えば、安全な便秘薬を処方してもらえますから、相談してみるのが良いでしょう。
自分で出来る改善法としては、食物繊維を多めに取って水分をたっぷりと補給するのがおすすめです。
また、乳酸菌は腸の活動を高めてくれますから、乳製品や発酵食品を多めに取りましょう。

スポンサーリンク