へそ ピアス 病院

へそピアスを病院で開ける際に確認すること

スポンサーリンク

へそピアスを開ける方法は大きく3つに分けることが出来ます。
いつでも手軽に行うことが出来る方法としては、自分で開けるという方法です。
3つの方法の中で最も安価に行うことが出来る方法ですが、ケアの方法を間違ってしまうと、思わぬトラブルに繋がる可能性もあります。
次に、ピアススタジオを呼ばれる場所で開けてもらうという方法です。
有資格者による施術ではありませんが、自分で開けることが躊躇われるという人に選択されることの多い方法です。
そして、最後に病院で開けてもらうという方法です。
皮膚科や美容外科、耳鼻科などで開けてもらうことが出来ますが、全ての病院でへそのピアスを開ける施術を行っているわけではありませんので、事前に確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

病院でへそピアスを開けるという場合の方法は、ピアッサーと呼ばれる専用の器具を使用する方法と、ニードルと呼ばれる注射針を大きくしたようなものを使用する方法があります。
より負担なく開けることが出来るのは、ニードルを使用した方法であると言われていますので、どのような方法で開けるのかということも確認しておくと良いでしょう。
なお、施術は健康保険適用外ですので、費用は全額自己負担となります。
病院によって費用は異なりますので、注意が必要です。
また、年齢によっては施術を受けることが出来ないもしくは施術を受ける際に保護者の同意が必要となる場合もありますので、確認し、同意書が必要となる場合には用意していくようにしましょう。

スポンサーリンク