臨月 へそ 痛い

臨月にへそが痛い場合の対処とは

スポンサーリンク

臨月になるとお腹がぐんと大きくなる事で皮膚が大きく引きのばされ多くの妊婦に妊娠線が見られます。
そして皮膚だけでなくおへそも大きく伸びきった状態になる為に、表面がバナナの輪切りの様な状態にまで引きのばされ引っ張られる様に痛いと悩む方も多い様です。
スボンのウエストがおへそに触れるとヒリヒリと痛いと言う事から、ウエストの無いゆったりとしたワンピースで過ごす、おへそに絆創膏を貼る、クリームやオイルでマッサージをすると行った方法でこの痛みを乗り切っている方もいます。
臨月になれば出産まであともう少しです。
出産が終わればお腹はすぐに妊娠前の状態に戻りますから上手く工夫を行って乗り切っていく事が必要となります。

スポンサーリンク

妊娠線を予防する為の目的として妊娠中期頃からお腹をマッサージすると言う方法があります。
妊娠中期頃からお腹の皮膚をマッサージしておく事で、皮膚が柔らかくなり臨月へかけて更に引きのばされる皮膚への負担を軽減させる事が出来るのです。
入浴後にオイルやクリームをたっぷりと使用してお腹の皮膚やへそ周りを日常的にマッサージしておく事で皮膚が引きのばされる事による痛みを防ぐ効果があります。
そして臨月になればおへそが外にぽっこりと飛び出てくる方もいます。
その様な場合衣服にすれて痛みがある為に絆創膏を貼って乗り切ると言うのも一つの手です。
そして飛び出てくる事で内部に溜まっていた垢が目立つ場合もあります。
この様な場合は無理に取ろうとせずオイルでふやかしてから優しく拭うようにします。

スポンサーリンク