妊娠中 へそ 痛い

妊娠中にへその周りが痛いときの原因と対処

スポンサーリンク

妊娠中は、腹痛がおこることがしばしばあります。
時期によって痛みのでる場所は変わり、初期は下腹部が、中期になるとへそのあたりが、後期にはまた下腹部が痛むことが多いです。
初期の痛みは主に子宮が変化していくことが原因のことが多いです。
生理痛に似た痛みがときどきあるくらいなら問題ありません。
痛みが続いたり、重い生理痛よりも激しい痛みが起こったり、出血を伴う場合には流産の可能性があるので病院に行くほうがよいでしょう。
へその周りが痛いのは妊娠中期頃に多い症状です。
この時期の痛みの原因としては、大きくなった子宮に臓器が圧迫されることによるものや、便秘によるもの、ストレスによるもの、食べ過ぎによるもの、姿勢によるものなど様々な原因があります。

スポンサーリンク

へその周りが痛いのは、流産や早産に直接関係する可能性は高くないのでそこまで心配はいりません。
便秘や、食べ過ぎといった原因に心当たりがある場合はまずその点を改善しましょう。
妊娠中は便秘になりやすいうえむくみやすくもなるので、食事と水分の摂取に気をつける必要があります。
冷たいものの大量摂取などは控え、食物繊維の豊富なものをゆっくりよくかんで食べましょう。
お腹を圧迫する姿勢も痛みの原因になります。
仕事をしている人はずっと座り続けるなど同じ姿勢になることが多いので気をつけましょう。
原因が見あたらないのに痛みが続く場合や、痛みが強いとき、お腹のはりも強いときは病院に電話で問い合わせてみて、必要なら病院へいきましょう。

スポンサーリンク