へその緒 取れたら 保管

へその緒が取れたら保管をする

スポンサーリンク

赤ちゃんはお腹の中にいるときにお母さんとへその緒でつながっています。
しかし出産後は時間の経過と共に取れるようになっています。
へその緒が取れるまでは慎重にこの部分を触っているという人も少なくありませんが、実際に取れたら保管をしておくようにします。
退院までに取れるという赤ちゃんも多くなっていますが、取れないままの状態のこともあります。
この場合自宅でしっかりとお手入れをする必要があります。
へその緒が取れたら、この部分が傷口のようになっているので、ばい菌が付着しやすく炎症が発生しやすくなっています。
したがって清潔な手で触るようにします。
それまで行っていたアルコール消毒に関しては、取れた後も続けて行うようにします。

スポンサーリンク

お風呂上がりにアルコールを付けた綿棒で消毒をするようにします。
優しくなでるようにするのがポイントです。
取れた後のへその緒は保管するようにしますが、保管方法は基本的にしっかりと乾燥させるようにします。
通気性の良いガーゼなどで包んで数日おいて乾燥をさせます。
ここでしっかりと乾燥をさせておかないと、カビが発生したり腐敗の原因となってしまいます。
十分に乾燥させることができれば、用意しておいたケースに入れて保管をします。
ここで入れる容器に関しては、プラスチック製や布製の箱は避けるようにします。
それはなぜかというと湿気が出やすいからです。
理想的なのは桐の箱となります。
湿気を低い状態で保つことができ、軽くて丈夫という特徴があります。

スポンサーリンク