へそ ピアス 痛み

へそピアスの痛みについて

スポンサーリンク

へそピアスは、普段はあまり人目につく場所ではありませんが、幅広い年代・性別に人気のある部位でもあります。
しかし、へそピアスはトラブルが起きやすい場所でもありますので、開けた後のアフターケアが重要となります。
なお、へそピアスを開ける方法はいくつかありますが、適切な方法で開けた場合にはそれほど強い痛みを感じること無く、開けることが出来ます。
ただし、開ける方法が適切ではなかったり、使用しているピアスが適切ではない場合、アフターケアが十分ではなかった場合には、強い痛みや違和感、色素沈着などのトラブルが生じる可能性があります。
ホールが安定するまでは、衣服などで圧迫しないようにするということが大切になります。

スポンサーリンク

へそピアスを安全に美しく開けたいというのであれば、病院で開けることをおすすめします。
病院での施術でも、知識のない人が行った場合には、トラブルの原因となりますので、経験や知識が豊富な医師による施術を行っているところを選ぶようにしましょう。
通常は、麻酔を使用することなく開けることが多いのですが、恐怖心や不安感が強いという場合には、病院であれば麻酔を用いることも出来ますので、痛みなどの心配をする必要はありません。
施術後、しばらくは前かがみの姿勢になると痛みを感じることがありますが、その場合には、処方された痛み止めを服用するようにしましょう。
また、何らかの異常がある場合には早めに病院を訪れることが大切です。

スポンサーリンク