臍 ヘルニア 成人

成人の臍ヘルニアについて

スポンサーリンク

臍ヘルニアとは、何らかの理由でおへその部分の筋肉がしっかりと閉じずにいる状態です。
現在では赤ちゃんによく起こる疾患として認知されています。
だいたい赤ちゃんのうち10パーセント程度がかかる疾患であり、そのうちの90パーセント以上は自然に臍の部分にある穴が閉じます。
しかし、成人の場合は合併症が起こることがありますので、手術にて治療をするのが一般的です。
成人で起こるのが多い場合は、妊娠中にお腹が引き伸ばされたり、急に太ったりしてでべその状態になったりすること、さらにお腹の中に水が溜まる病気、腹水によりお腹が膨らみ、臍ヘルニアになってしまう場合も考えられます。
そういった場合は速やかに医療機関に行くことが必要です。

スポンサーリンク

臍ヘルニアは病気であり、健康保険を使用した治療が適用されます。
ただ、成人の場合臍突出症として病気の範囲にならないこともあります。
ですので医師の判断が必要です。
手術に際しては、大きなリスクはほとんどありません。
手術当日は安静にしておく必要がありますが、成人の場合は次の日からデスクワークが可能です。
入院になったとしても、1泊か長くても数日です。
そして、術後の治療としては手術の痕を圧迫することも多くあります。
術後、皮膚が元のようになるには1年程度かかります。
数か月は出たままですが、放っておくときれいな状態になることがほとんどです。
ですので、診断されたとしてもさほど心配することはありませんが、短期間に太ったりすることはやはりこういったリスクがありますので、気をつけるべきです。

スポンサーリンク