へその緒 巻きつく 原因

へその緒が赤ちゃんに巻きつく原因

スポンサーリンク

赤ちゃんがお腹にいるときににはへその緒を通して、ママの体から酸素や栄養を送ってもらっています。
このへその緒の長さというのは30cmから1mくらいあり、赤ちゃんの体に巻きつくこともあります。
首などに巻きつくと、お腹の中で赤ちゃんが窒息してしまうのではと心配になるでしょうが、心配する必要がありません。
この現象は臍帯巻絡と言って、妊娠中の方の約3割程度は赤ちゃんの体に巻きついている場合があります。
巻きつく原因となるのは、赤ちゃんがお腹の中で動いているからです。
お腹の中で赤ちゃんが動き回ることで、長いひも状のへその緒も体に絡まったりしてしまいます。
妊婦は定期的に産婦人科で検査を受けているでしょうが、ある時臍帯巻絡になっていても、次の検査では治っているという場合もよくあります。

スポンサーリンク

赤ちゃんは常にお腹の中で動いていますから、臍帯巻絡だからと言って心配しすぎないのが大切です。
また、羊水に浮いた状態ですから、首にへその緒が1回絡まっている程度では赤ちゃんが窒息する原因になることはほとんどないのです。
ほとんどの場合、臍帯巻絡でも自然分娩で出産が行われますし、何かお腹の赤ちゃんに異常があれば、脈拍が落ちるなどの何らかのシグナルが発せられます。
出産時にはしっかりと医師達が管理していてくれますし、トラブルが発生した場合にはきちんと対処してくれます。
エコー検査で臍帯巻絡だったからと言って、ずっとそれが続くわけでもないですし、医師はよくあることだとおっしゃるでしょうから、あまり気に病まずに元気な赤ちゃんを生むことだけを考えて、普段通りの生活を続けましょう。

スポンサーリンク